スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
素晴らしい彼ら。
こう書くと、誤解を招くかも知れないんですが。

福岡戦は、実際運が悪かったって言っていいと思うんです
よね。あそこまで大敗したのは。

いや、福岡が運が良かったから勝ったんだって言うんじゃ
ないですよ。ここは強調しますけど。

相手が疲れていても、しっかりそれ以上の運動量をぶつけていく
ってのは凄いことだと思いますし、簡単に出来ることじゃない
ですし。

決定機にしっかりと決めて来るって言うのは凄いと思う。
福岡強かったと思いますよ。凄かった。圧倒的だったし。

ただ、福王や松橋に代表されるように、明らかに動きがみんな
悪かったし、中二日と中五日という差は、思いのほか大きかった。

また、連敗中の福岡が、原点に戻るって言うか連敗の悪い流れを
断ち切ろうとモチベーションを高めてくる、またやり方を変えて来る
タイミングにぶつかったって言うのもあるし。

もちろん、だからこそ見えてきた根本的な課題もあるようには思う
んですが。
いろんなエクスキューズがあったのは確かだと思う。

総括すれば、運が悪かったって言っちゃってもいいと思うんですね。
疲れのせいにしてもいいとおもう。

僕が指揮官なら多分そうしますね。
すぐ言い訳するのが人間ですからね。

でも、高木監督や藤田の言動からも。
宇留野や南のブログからも。

選手たちはそこを言い訳せず、ちゃんと向き合っているのが伝わって
きた。

だから、今日は勝てたんじゃないかなあと思ってるんですよ。

彼らは凄い。簡単な方に逃げない。

素晴らしい人たちが、熊本に来てくれたもんだと思います。
池谷さん中心に、強化部門はもっと評価されていいのではないかな。



カテゴリ:ロアッソ熊本 | 18:26 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
通過儀礼。
今日、京都から帰省していた弟を送りがてら、レベスタまで遠征して
来たわけですが。

疲れが目に見えてましたねー。
あんなに精彩のないタダヨや矢野っち、初めて見た気がしますね。
そんだけ今季はよかったんだろうけどね。

皆疲れてたって言うか重かったし、その分って言うのかなんていうのか、
福岡の中盤が良かったですね。セカンドボールは全部拾われてた気がする
けど、前半は。あのルーキーボランチコンビはいい補強だったですね、
福岡さんは。効いてたな。

次は松橋とタダヨが出場停止になるのかな。
控え選手にはチャンスでしょうし、高木さんもどこか変えるのなら変える
チャンスなのかも知れませんし。

頑張って欲しいね。
個人的には、見たい選手沢山いますから。

で、僕が今まで生で見た中で、初と言っていい惨敗だったわけですが。

帰りにいろんな方と話してますと、アウェーの徳島戦や横浜FC戦なんかの
話をされて、こんなこともあるっすよ。みたいな話になったんですよね。
慰められたっつうかなんつうか。

そうか、僕もこれでホントのロアッソサポーターになったのかな、そういう
意味で。
ある意味通過儀礼みたいなもんだったのかな、とか。

そんな風に思いました。
嬉しくないし、何も福岡戦でなくってもとは思うわけですが。



カテゴリ:ロアッソ熊本 | 21:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
これが僕らの歩む道。
以前、福岡サポさんも鳥栖サポさんも。
熊本相手じゃダービーって気がしないって言うのに対して、
僕が嫉妬に似たようなことを書いたことがあるんですが。

昨日の録画を見ててね。

僕、熊本はこれでいいんじゃないって思った。

熊本サポーターも、鳥栖サポーターも。

一生懸命自分のチームを応援してましたよね。

ああいう、内向きの熱さでいいと思うんですよね。
内向きって、悪い意味じゃないですよ。いい意味ですよ。

自分の応援するチームを熱く応援すれば、選手を熱くサポート
すれば、それが一番いいじゃないですか。

これが外向きに。
相手のチームをくさしたり、サポーターと争ったり。

そういう熱さなら、僕はいらないなと思いました。
ぬるいと言われるのなら、それでもかまわないし。

きっと熊本は、正しい方向に向かっている。

一部の求める「熱さ」のために、一般ファンが来なくなったら
元も子もないから。

まだ北九州さんや大分さんとはやったことないですけど、別に
馴れ合いではなく、熱いいい関係を結べればいいなあと。

そんなことを、昨日の熊本−鳥栖を見ながら思ってました。

福岡には僕も行く予定。
熱く参戦したいと思います。

試合?

…ちぃっくしょおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ惜しかったぁぁぁぁぁぁぁ
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
カテゴリ:ロアッソ熊本 | 18:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ままならない。
僕も一応商売人の端くれですので、商談とかするんです。

最近は、そのお相手に同世代が増えて来ています。

同世代が独立開業していたり、会社内でも責任あるポジションに
就いて来ているっていうことなんでしょうけど。

で、相手方に出向いた場合。
商談だけして、さっさと帰ると言うのも味気ない。

何かこう、会話して打ち解けたいし、パーソナル情報も少しでも
手に入れたいものですよね。

チラッと周囲を見て、会話の糸口を探すんです。

ゴルフのトロフィーがあれば、「あ、ゴルフやられるんですか?」

ドラッカーの著書を本棚に認めれば、「僕もプロフェッショナルの
条件読みました!」

まあ、何もなくても「御社にも、いろんな社員さんいますでしょ?」とか。

でもね。
最近思うの。

同世代が商談相手になりつつあるのに、なんで会話内容は年上の方と話す
時とほぼ同じなの?と。ゴルフだったり経営の話しだったりするのと。

僕らの世代ならばですよ。

社長室をチラッと見て、

「あ!あれ『おニャン子危機一髪!』のポスターじゃないですか!」
「分かりますか?実は夕ニャンも全部録画保存しているのです」

とか言う打ち解け方があってもいいじゃない。
そこから夢工場の話とかしてね、貴方の様な方とずっとお付き合いしていき
たいと思っていたのです!って言うような話になってもいいはずですよ。

本棚を見て

「僕もキン肉マン全巻持ってますよ!今度一緒に『キン肉マンマッスル
タッグマッチ』で接待させてください!」

とか、あってもいいじゃない。

まあ、接待ですからね、バッファローマンやブロッケンジュニア、ウォーズ
マンなんかは相手に譲ってね、僕はキン肉マンとかロビンとか取るんですけど。
飛び道具持ってるほうが有利ですからね。ラーメンマンぐらいならまあ許容範囲
内かなと思うんですけどね。

なんて、頭が沸いてるからなかなか商談もままならないんだろうな。
カテゴリ:- | 23:20 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
0−3か1−3か。
確か、将棋の羽生善治が。
初めて奪ったタイトルを失った竜王戦でした。

三連敗したあと、粘り強く難局を制して一勝を返した。

結局タイトル戦自体は、1−4で破れ防衛はならなかったのですが。

竜王を奪った第一人者・谷川浩司。

「4−0か4−1かというのは、その後のことを考えれば大きかった
のかもしれない」


その後、七冠を同時戴冠した羽生さんの活躍は、筆記するまでもありません。

柏は強かったけど。

つないでつないで、最後は松橋がフィニッシュした、0−3のあともぎ
取った1点を。

のちのちそういう風に、振り返ることが出来るんじゃないかな。
なんて、妄想してるんですけど。

しかし、雄太は凄かった。
カテゴリ:ロアッソ熊本 | 23:37 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
<< | 3/247PAGES | >>