スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
過酷なポジション。
先日ずいぶん久しぶりにハンドボールしたんですけど。

いや、ずいぶん久々だったんで、もう超人墓場から戻った直後の
ウォーズマンみたいな感じでして、セービングの基礎すら忘れてるん
ですよね。

しばらくやってて勘が戻ってくると、今度は体育館独特のサウナ同然の
蒸し暑さ。死ねる死ねる。

非常に大変な思いをしたあとで、なでしこジャパンの準決勝を見たんです
よね。

いやあ。
GKというのは、大変なポジションだな。と再認識しました。

反攻の形が出来つつある中で、ループのロングシュートを決められてしまい
ましたよね。

あれが痛かったと言うのは当然で、多少ポジションを前に取っていた福元
選手のポジションミスもあるんでしょうけど、それを見逃さないアメリカの
選手の的確なキックも凄かったですね。

僕の感覚なんですけど、ループシュートは頭上が一番取りづらいんですよね。
左右どっちかにずれていると、なんとか飛びつけるもんなんですけど。

頭上のボールを下がりながら取る。っていうのは、結構難しい。
見事にその頭上のコースにきちゃったような。

四点目は、クロスへの対応を準備してたら、ふわっとループ気味に、しかも
そこそこ速いスピードのボールが来ましたね。

あれ、ミスキックなんだろうか?シュート狙ったんだろうか?
どっちか分かりませんけど(ミスキックのような気がします)、クロスが
頭にあった分ちょっと遅れちゃいましたかね。

いやあ、残念。と思ってヤフーのニュース見てたんですけど。
最近ヤフーニュースは、ソースによってはコメント付けられるでしょ。

あのコメントがまあ辛らつ。
「GK以外よくやった」とか、「日本はGKを育てるべき」とか。
「技術がなさ過ぎる」なんてのもあったっけ。

うーん。
GKの責任ももちろんあるのでしょうが、それより前半終了間際を
我慢できなかった方が痛かった気もするんだが。

大体、あのコメント欄なんなんでしょうな?
ヤフーがページビューを稼ぎたいから。というのは分かるんですけど。
コメント書きたいなら2chでええやん。と思うんですけどね。

あっちの方が、読みたくない人は読まないし、純粋に笑えるスレッドも
あるので好感が持てるんですけどね。最近はご丁寧に「コメントが書き込め
ます」と書いてある始末なので、ヤフーさんにやめる意思はなさそうですが。

それはともかく。
GKのミスっていうのは素人目にも分かりやすいし(技術的には些細なミスでも)、
サッカーと言うと一点の価値も大きい。

守っても賞賛されることは少なく、ダメならボロカス。
GKというのはそういうポジションなんだな。と再認識させられました。
過酷なポジションですよ。

まあね。
福元さんも、日本の1番つけてるわけですし、これを引きずらない強さはきっと
持ってると思うんですね。この試練を乗り越えれば、もっといいGKになれる。
そう思います。

ドイツ戦、頑張って欲しい。

「女子サッカー界を背負っている」
という気概が見えて、今回のなでしこには惹きつけられます。
ハンドボールの宮崎や中川選手とかぶって見えるんですよね。

メキシコ五輪の、クラマーさんの言葉を送りたい。
「銅メダルの色も、なかなかいいもんだぞ」

3位決定戦、もちろん期待しています。
カテゴリ:GK | 16:03 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
Danke!
遅ればせながら、ブンデスリーガ最終節。
オリバー・カーンのリーガ最終戦を見ました。

後半43分過ぎにハイライトが待ってましたね。

交代枠を残しているなあ。と思ってましたら、控えのGK・レンシングが
交代エリアに。
なんと、交代はカーン!

敵も味方も、観衆もスタンディングオベーション。
カーンも敵味方やラインズマンと握手、抱擁を交わしながら交代エリアへ。

そこでレンシングと抱擁を交わし、拍手し手を振りながらベンチへ。

いやあ。
ヒッツフェルト監督も粋な演出をしますね。

カーンをスタンディングオベーションで送り出すために。
そして、「次の正キーパーはお前だぞ」と、レンシングに伝えるために?

いや、ドイツ版ドリームチームだけに、来季さくっとGKを補強してそうな
気がしないでもないのですが。

つまらないことを言えば、明らかに遅延行為だったのですが、今回はもちろん
お咎めなし。
いや、カードが出ても逆にカーンらしくて盛り上がったのかもしれませんけど。

現役最後のシーズンも、素晴らしいパフォーマンスでした。
2006年シーズンに、レーマンが一世一代の好パフォーマンスを見せなければ、
自国W杯でもドイツのゴールマウスは彼が守っていたのでしょうか。

ワールドカップ日韓大会。
そこまでは明らかにMVP級の大活躍を見せながら、決勝戦でファンブルから失点。

全ての責めを負うかのように、ゴールポストに寄りかかって、ずーっと
歓喜のブラジルイレブンを眺めていたカーン。

どれだけのハイパフォーマンスを見せても、一つのミスが重くのしかかる。
そんなゴールキーパーと言うポジションの厳しさを実感させてくれました。
(そこまでのミスでもなかったと思いますが)

あれがきっかけで、僕は海外サッカーにも興味を持つようになりました。

ゴールキーパーらしいゴールキーパー。
雰囲気を持った稀有なゴールキーパーだったと思います。

Danke!Oliver Kahn!

…しかし、最後の試合のユニフォームをレフェリーと交換したカーン。
試合後に、レフェリーの黄色いユニフォームを着ていたカーン。
少し萌えました。(レフェリーも引退試合だったそうですね)
カテゴリ:GK | 15:42 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
<< | 2/2PAGES |