<< システム。戦術。 | main | 初めての。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
Teenage Walk 。
僕が高校生だった頃。

二年生の高校総体だったと思う。

控えGKだった僕は、次の次に迫った初戦に向け、ユニフォームに
着替え、同級生の控え選手とアップを始めていた。

僕には一つの基準があって、それは

「体育のロンパンを穿き、黒いソックスを履いて試合するチームは弱い」

というもので、まだアップを始めていない相手に目をやると、まさに
その通りのチームだった。ついでにシューズも学校の体育で使うシューズ
とか履いてる人もいたし。

こっちはそろそろボールを使い出しているのだが、相手は女子マネと選手
達が記念撮影なんかしちゃってた。

ああ、こりゃあ勝つな。出番あるな。という確信とともに、どす黒い
何かが渦巻いたりもしていたのだが、そんな時。

「おお!たのさん!久し振り!」

と、声をかけてきた男がいた。

うん。
中学の水泳部の後輩だった。

「えーたのさんこの高校?思ったより頭いいじゃん」
とか、
「ハンドボールやってたんだ。教えてくれればよかったのに」
とか。

なんでタメ口なんだ?と思うのですが、もともとそういう男なので
仕方ない。関わりあうのもめんどくさいので、無視してアップしてました。
大体なんで貴様に教えなきゃならんのだ。

やがてその後輩は、キャッチボールに勝手に入ってこようとしましてね。
今で言うKYそのものなのですが。
いい加減うっとおしくなって、思い切りそいつの顔面に照準を合わせ、
今にも波動砲を打ち込もうとした刹那。

なんか、同じ学校のユニフォームの人が、後輩に跳び回し蹴りとか
打ち込んでました。

派手に吹っ飛ぶ後輩。ジャッキーチェンの映画みたいだった。

「次の試合だろうが!はよ準備せえ!」
と怒鳴る加害者。

いや、突っ込むのはそこなのか?とも思うのですが、めんどくさいので
スルーしてアップを続けようとしてたんですよね。

そしたら。
「え?たのさんじゃない?」

と、加害者。

あ。
ああ!

って誰ですか。

こんないかつい友達居ませんし、顔を見ても全く覚えがない。

「ああ?やっぱり忘れとる。オレオレ!」
「は?」
「忘れとるねえ。ソレイユまだ持ってる?」
「!?」

って、中学生のときあんな別れ方をしたM君だったんですよ。

うっわあ!久し振り!
といいたいところなのですが。

えーと。
M君は、帝拳高校に入学しちゃったのかな?

っていうくらい、もう髪型が凄い。

えーと。
M君は、外国人部隊に入ってた経験があるのかな?

っていうぐらい、もう体型が分厚い。

全くもって、あの時おニャン子で盛り上がっていたM君の面影はなかった。
でも、二度と会えないと思っていた友達に逢えた嬉しさが徐々にこみ上げて
来ましてね。

「ひさしぶり!どうなっちゃったの?
なんて、今思えばひどいことを言っちゃったわけなんですが。

二人とも試合前だというのに、話は尽きなかった(迷惑)。

転校した後、一人ぼっちの知らない土地でいじめられたこと。
自分で立ち向かうしかないと決心し、体を鍛え格闘技を習ったこと。
それでようやく、問題が解決したこと。
お父さんも、再起できたこと。

彼は中学生でかなりハードな経験をし、それを乗り越えていました。
おニャン子好きのおとなしかった少年は、すっかり大人びていた。
(むしろ外見が)

ハンドボールというスポーツを二人とも選び、たまたま同じ会場の
前後の試合だったという偶然。

「この後、オレ試合なのよ。見といてね」
「ああ、うちらそのコートで次の試合だ。見せてもらうわ」

M君はもう全く体育のロンパンに黒のソックスを履いていて、見ていたら試合
ぶりも熱血硬派くにおくんみたいな感じでして、非常に荒々しかった。
試合前にM君と話していた僕を見ていたチームメートは、僕が恐喝されている
と本気で心配してたらしかった。

そんな風に、全く外見や性格は変わってしまっていたM君でしたが、僕に
とっては昔のM君だったわけで。

別れ際に

「今は永井真理子に夢中♪」

とか言ってるM君を見て、ああやっぱり趣味が似てるんだなと思わされたわけです。
うん、僕も永井真理子に夢中だったよ。

生きてる限りは、どこかで逢えるかもしれない。
そんな後日談。
カテゴリ:昔話 | 22:39 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 22:39 | - | - | - | - |
コメント
そっかぁ〜
M君との、そんな再会があったのですね。
素敵じゃないですか!!
ビバ☆男の友情(おニャンコの友情?)
| いってつ | 2008/09/16 6:35 PM |
今思えば、格闘技を習っていたはずの彼が、なぜハンド
をやっていたのか?

謎は残りますが、縁は奇なものとはよういうたものですな。

その後も街で会ったときなんか話しかけられると、
周囲がひるむので困りました。
| たのさん | 2008/09/17 12:24 AM |
すいませんはじめてのコメントです。
あまりの面白さに絶句です。
いやあ、私は30半ばですけど高校の時サッカーやってまして、総体の県大会でサッカーでも体育のロンパンいましたね弱いチームは。そういえば。試合中に座り込んでるやつらもいましたよ。 今でもいるのかなあそんなやつら。

しかし最近の高校生はサッカー上手いですね。
大津高校もがんばってほしい。
| はま30 | 2008/09/17 9:32 AM |
こんにちわ、コメント有難うございます!

絶句ですか!また斬新な表現ですね。
褒められなれてないですが、恐縮です。
僕は褒められて伸びる方なので、よろしくお願いい
たします。

サッカーでもロンパンいるんですか。
意外な感じですよね。
しかし、ロンパンに強いチームなしというのは、かなり
の部分真実だと思います。
試合中に座り込むのはかなりの豪傑だとは思いますが。

大津もインハイ四強。
僕らの頃は九学や熊農で大津が強くなり出した頃でした
かね。

僕も三十代半ばですよ。
今後もよろしくお願いいたします。

| たのさん | 2008/09/17 3:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ad-jr.jugem.jp/trackback/755
トラックバック