<< 世界最終予選へ。 | main | あした。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
天然再び。
ハンドの再試合を見て思った。

一番スポーツやってて燃えたのって、いつだろう。
って、燃えたって変換したらすぐ「萌えた」って出るよ。

高校最後のU高校戦か?
それとも県リーグの入れ替え戦か?

と様々考えていたのですが。

ああ、あの試合かと。

高校時代のことなんですけどね。

熊本市内大会というのがありまして。
なぜか知りませんが県大会の決勝常連のチームは参加してなくて、密かに僕ら
優勝を狙ってたんですよね。僕らの練習ほっぽらかして五輪真弓のリサイタル
に行っちゃうような監督までその気になってたんだから間違いない。

まあキャプテンと副キャプテンも総体直前に長渕のライブ行ってましたから
僕らも人のことは言えませんが。

そこで鍵を握るのが、うちのエースO君です。
O君というのはこんな子でして。

とにかくムラが激しいのですよ。いつ噴火するか分からない。
休火山というか、どっちかというと死火山に近い。

それ以前に、1回戦2回戦は試合会場を間違えて出場すらしないという
大暴れぶり。

そして、ライバルでもあるK高校との準決勝。

その日は、O君が来ましてね。みんなほっと一安心ですよ。
つか、試合開始一時間前に来てアップの予定なのに十五分前に来ちゃう
あたりがチャーミングですが、そんなことはいいですよこの際。
来てくれただけで、それだけでいい。どんだけ大物なのか。

彼は言いました。

「今日は、頑張る」

今思えば、「今日は」って何だよ今日は。って。とか突っ込みたいのですが、
それまでそんな前がかりな彼の言動を聞いたことないですからね。
やだこの子変なきのこでも食べたんじゃないの?とか、驚くやら心配するやら
で大変だったのですけれども。

試合は、大接戦になりました。

K高校はその時中学で結構有名だった選手が集まった代でして、県大会でも
四強に入るぐらいの強さ。
僕らはいつも練習試合でいい試合をするんですが負けてたんですよね。
おそらくキーパーの差だと思う。

しかし、その日はO君が宣言どおりの大噴火。
エースが調子よければ他も生きるのがハンドボールでして、全体的にいい感じ。

そして、僕もなんでか分かりませんが、異様に集中してましてね。
足手まといにならない程度のセーブを見せてました。

残り三十秒を切る辺りまで、一点差でうちがリードしてたんですよね。

そして、ベンチから「残り三十(秒)!」の声が。

残り三十秒。一点差でリード。ボールはO君。

「…勝った」
密かにそう思った僕の眼前で、信じられない光景が。

うん。
O君、異様に遠い距離から無造作にロングシュート打っちゃってた。
センターラインに近かったんじゃなかろうか。

相手のキーパーがセーブして逆速攻。
おそらくO君以外の全員が意表を衝かれてたと思う。

あっさり同点に。

残りはおそらく十秒程度。
うちのスローオフ。

キープしてペナルティスロー戦か。
と覚悟を決める僕の目の前を。

O君がなんかとりつかれたかのように敵陣に向かってドリブル。

「…打つな!!!」

の叫びも届かず、またも無茶なシュート。

またもキーパーセーブ、逆速攻。

…残り三十秒で、逆転負けを食らってしまったのです。


ゴール前で呆然と立ち尽くす僕ら。
ガッツポーズのK高校セブン。

誰かが怒鳴った。
「なんであんなタイミングで(シュート)打つかな?!」

O君曰く
「だって残り三秒って言ったろ?」

いやいや、おかしいじゃない。
残り三秒!とか叫んでるうちに三秒経つわ普通。

っていうか、残り三秒ならキープすればいいはずですよ。
勝ってるんだし、無理してシュート撃つことないですから。

「なんで同点になった後も無理やり打った?!」
「だって、残り三秒だったし」

って、最初のシュートも本人曰く「残り三秒」で打ってるわけですよ。
打って、逆速攻食らってるうちに三秒経つし普通。
その後にまだ「三秒残ってる」という発想がよく分からない。

結局K高校が決勝戦に圧勝して優勝したのですが、そのときの悔しさったら
なかった。

本来は僕らがあの場所に…。

その後、試合会場近くのお好み焼き屋さんで
「なんで打つかなあ…」
と皆でぼやきながら、逃した魚の大きさを思うのでした。

O君は、ニコニコしながらカキ氷とか食してました。
そんな図太さが僕にも欲しい。

子飼橋を通るたびに、今でもふと思い出すんですよね。

もう二度とああいう場面には出会わないんだろうな。
そう思うと、現役アスリートがうらやましい今日この頃。
カテゴリ:昔話 | 22:33 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 22:33 | - | - | - | - |
コメント
死ぬ〜!!w
| 高菜 | 2008/02/07 11:47 PM |
うん。悔しかったでしょうね・・・

しかしO君は大物に違いない。
案外今頃コーチかなんかしてたりして・・・?

| shimo | 2008/02/08 7:34 AM |
高菜さん!
気を確かに!w

shimoさん。
指導者と言うより、どっちかっていうとアーティストタイプ
ですねえ。学科もそんな学科でしたし。

大物には違いありません。
多分、あの感性を生かしてなんか活動してるんでしょうなあ
(他人事)。
| たのさん | 2008/02/08 3:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ad-jr.jugem.jp/trackback/582
トラックバック