<< 我が娘ながら。 | main | 疑問。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
In the future
昔は良かった。

とか、よく聞きますよね。

昔は良かった。それはそのとおりなんでしょうけど、否定はしませんけど。

そんなに昔が良かったですか?

昔に生きてたらすぐにコレラや結核で死んでるかもしれませんし、お侍さんには
普通に斬られていたかもしれません、理由もなく。年貢が納められなかったら…
と思うと、背筋も凍る感じですよ。

まあ、そこまでさかのぼる必要もないんですけれども。

今のほうが素晴らしいことだってある!

そう、声高らかに主張したいわけです。

その良いことの一つに、「携帯電話の普及」を挙げたい。
確かに、ネガティブな部分も多いです、多い。
マナーの低下ですとか、犯罪に用いられることがあるですとか。

でもね。そうネガティブな意見を口にする前に、どうか僕の話を聞いていただきたい。

大学時代のことでした。

高校時代はハンドボールにうつつを抜かし、つか言うほど練習してたわけではないんです
けれども、そのおかげか否かは分かりませんが、高校三年間は全く異性関係皆無。
というか、周囲は「ドキッ!丸ごと男!」という、まるで男子校であるかのような
力強さでした。

「カノジョ?なにそれ?食べられる?」ぐらいの無関係ぶり。
全くもって妖精のような三年間を送っていたわけです。

でも、大学に入って華の都・大阪に進出しますと。
友人が「コンパ」なるものに呼んでくれたりするのです。

まあ、ゆうても僕みたいなToo shy shy boyはそんな席に行っても
どきまぎしてるだけでして、相手の子から「何?たのさんって男子校行ってたの?」
的なことを言われていましてですね。相変わらずの妖精っぷりだったのですが。
男女共学だったっつうの。三年のクラスは女子のほうが随分多かったわ!

一緒に行ってたA君なんかは、かなりの頻度で彼女作ってましたからね。
お金がなくて、友人が下宿に置き忘れたビニール傘とかを質に入れて、なんばに
行く金を捻出していたような貧乏学生だったくせに。

ここですよ。
「携帯って素晴らしい。今って素晴らしい」って言いたいのは。

携帯の番号か、メールアドレスを教えてもらえれば。
女の子と直に連絡が取れるじゃないですか。連絡が取れるじゃないですか!

僕が大学行ってたころは、携帯はまだ普及してませんでしたからね。
僕みたいなToo shy shy boyが、時折全力少年ぶりを発揮して、女の子の
電話番号を聞けたとしますでしょ。

それは、実家の固定電話なんですよ。一人暮らしの子はともかく。

僕にとって、番号を聞くだけでもミッションインポッシブルなのですが、ここで首尾
よく聞けたとしても。

女の子の実家に電話をかける。

これが、とてつもなくハードルが高いわけです。
本人やお母さんが出てくれるならまだいいですよ。

でも、それがお父さんだったときは…

なんか、苗字は名乗ったくせに「うちにはそんな娘などおらん!」とか怒鳴られて
切られた事とかありますからね。すっごい怖い。

その後、首尾よくお付き合いできたとしますでしょ?

ここでも、携帯っていいなあと思うわけです。
だって、直でホットラインがつながっている。
くだらない話に、ひたすら花を咲かせることが出来るのです。
若いって素晴らしい。恋って素晴らしい。
客観的に聞いたら全く実のない話で、「そんな暇があったらゴミでも拾いなさい!」
とか怒鳴りたくなるような内容でも、恋人たちには許されるのですよ。

まあ、前述のような妖精の様な、全く男っ気たっぷりの僕にも。
何の拍子か、彼女が出来たんです。STEADYが。神様っているもんですよね。
まあ、この話の子なんですけれども。
http://ad-jr.jugem.jp/?day=20061221

その子と、僕も人並みに、全くもってゼニにならない話を繰り広げていたのですが。
彼女の実家の固定電話でね。

ここでも、やはりお父さんが関門になるのです。
できれば、お父さんが電話に出ないほうが、精神衛生上いいのです。

そこで。
彼女と、「十時に一回鳴らして、その後かける」というルールを作ったんですよ。
これなら、一回目に気づいて彼女が出てくれますし。

で。
その日も電話で話をしていたのですが。

最後に
「長くなったから切るわ。ほな明日の2講目なあ!」
といって切ろうとしますと。

「ああ、U子(仮名)な。ちょっと待ってな!」
とかのたまうわけです、彼女であるはずの人物が。

は?は?

意味も分からず、「スイマセン、どなたですの?」。聞くしかない。
「お母さんでーす!」

はあ????
すると何か?俺はお母さんと実のない話をしてたのか?
なんか甘えるようなこともゆうてはったぞ。考えるだけで背筋も凍る。

「なんでです?どうされました?」と震える声で聞くのがやっとなのですが、
「うん、なんかたまには若い子と話がしたくてなあ」とか言ってた。

おかしいじゃない、その発想が。
ついでに言えば、お母さんが度を越した長話をしてるのになんの疑問も持たない
彼女もおかしいじゃない。
っていうか、何で気づかないんだ、俺。

携帯なら、この悲劇はなかったわけです。おそらく。

昔は良かった。そのとおり。でも今だっていいものあるじゃない。

昔を懐かしむより、未来を見ましょうよ。
長くなりましたが、そういう教訓でした。多分違う。

ちなみに。
翌日学校で会った彼女にその後を聞きますと。
「何か知らんけど、おとんめっちゃ怒ってたわ」とか言ってました。

そのあと、あのクリスマスの悲劇が待ってるわけです。

上手く行くわけ、ないじゃない。
カテゴリ:昔話 | 00:02 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 00:02 | - | - | - | - |
コメント
うちには酔っぱらって「昔はよかった」と発言して「いつぐらい?」と返され、思わず「明治くらい?」と答えてしまい、
「おまえ生きとらんだろう?」と親戚中からつっこまれてしまった親戚のおじさんがいます。
あのシーンはまさに「自爆」でしたね。
| カンガルー | 2007/01/11 12:20 AM |
そう。
後戻りのできない世界のメリットを言っても・・
必ずそのデメリットはあったはずですからね♪
今ある現在のメリットを見つける事の大切さが精神衛生を向上させるのだと思います。

が、やはり突然見ず知らずのお馬さんに
「結婚させて下さい」と挨拶に来られた日ゃ・・・
携帯電話の恐ろしさを・・・
| せるせ | 2007/01/11 10:52 AM |
わははははっ!!!またまた爆笑!!^▽^

いいなぁ、そんなにたくさんのネタ持ってて。当時はともかく、今から見ればネタの宝庫やったたのさんの学生時代。

今、こんなにもいろんな人を楽しませる事ができるんだもんねぇ。

-------------------------

ちなみに自分も高校時代、女の子の実家の固定電話に電話をかけたのですが、出て来た親父さんにあろうことか娘さんの名前を呼び間違えて言ってしまい、正解を言えるまで切らせてもらえなかったって過去があります。
まぁ、間違える僕もどうかしてるのですが。

そう思うと、いろいろあっても、やはり本人とダイレクトに話せるし、「(待ち合わせ場所に)着いたら電話するわ」みたいな使い方の出来る気軽な携帯電話が、自分も大好きです。

んなわけで、今を楽しみましょう♪


・・・ちなみに話は変わりますが、前回のコメント、バリッと二つ載ってますなぁ。
この前のあれはなんやったんやろ???
| | 2007/01/11 5:07 PM |
昔は、よかったと思うこともあります。
人を恋するのも、ゆっくりしてたような・・・。
今時の恋になかなかついていけない自分がそこにいる。
でも、携帯は、それなりの文化を持ち始めたようですね。あたしも、メールは大好きです。
返事が返ってくるまでのどきどき感・・・。

だいたい恋することに臆病なあたし、好きな人を
前にすると、なんも言えません。
恋したいなぁ・・・無理ですが。
| koshiankame | 2007/01/11 11:09 PM |
昔といえば、
「バブル」のころはよかったなあ。
小さいながらに両親の金回りがよかったのを憶えています。
あのころは、すべてが華やかだった・・・。
今は何だかせちがねぇ世の中だなって、思います。
| カンガルー | 2007/01/11 11:40 PM |
カンガルーさん。
勢いで言っちゃったんでしょうねえ。明治て^^

バブル崩壊後に就職活動をしたものとしては、バブルは恨めしかったですねえ。

今は、華やかなのは都会だけのような気がしますね。

せるせさん。
今のほうがいいこともあるんですよね。
海外旅行なんか気楽にいけますし。
昔のよさも忘れちゃダメですけどね。

携帯のデメリット…
それが一番大きい気がします…
| たのさん | 2007/01/11 11:54 PM |
ごーさん。
なかなかSっ気にあふれたお父さんだったようですね^^

まあ、ネタが豊富かどうかは別問題ですが…

ごーさんは携帯を気軽に活用されてた印象がありますね、何となくですが。

あと。ハンドル入力忘れすぎです^^

koshiankameさん。
恋に限らず、時間の流れはゆっくりだった気がしますね。
時代なのか、年を取ったからなのか^^;

恋は無理ですか?まだまだいけるでしょ!
って、あおってみたりして^^

僕も好きな子とはうまく話せませんねえ。
| たのさん | 2007/01/12 12:01 AM |
負けたかも♪
おいらにもいくつかの「ひみつの出来事」があるけれど、これ程までに「鮮やかな出来事」は…
ないと思う。たのさん、すごいッ!!
| なろ吉 | 2007/01/12 12:04 AM |
いや、「ちくびをみてほしい」は、スカッドミサイル級のパンチ力だったです…^^
| たのさん | 2007/01/12 8:46 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ad-jr.jugem.jp/trackback/355
トラックバック