<< 寝屋川。 | main | 男女で3校が選抜切符。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
心をこめて花束を。
なんか友達が結婚することになりまして、何でか分かりませんが
余興で歌など歌ってくれとか依頼されたんですよ。

何で俺なん?何で歌なん?

と問い詰めましたら、あー落語でもいいよとかとんでもないことを
言われたりしまして、そりゃあお祝いの席で一席伺えれば粋なこと
この上ないのですが、そんなスキルはないですからね。
大体、依頼人の「お前大学時代落研だったろ?」って言うのは、後世
に残していいレベルの失言だと思う。お前ホントに友達なのか。

で、また何を歌えばいいか迷うわけです。

まあ、あんな余興なんて誰も聴いてないって言えば聴いてないのかも
知れませんが、やっぱり変な歌歌ってうわあの人結婚式でサヨナラとか
何食って育ってきたの?みたいなことを囁かれたくはないですからね。
大体、「『孫』かなんか歌ったらええやん」とか言われましたからね。
いいのかそれで。

…うーん。

何を歌えばいいのか。
最近の男が歌う結婚式ソングとかあるのか?
コブクロとかなのか?

…うーん。
あ。

というよりは、何を歌ってはいけないか。
と言う発想に転換してみました。

今まで結婚式を見てきて、気まずかったシーンを思い返すといいのでは
ないか。

結婚式でいきなり歌を言われ(前から依頼されていたが忘れていたらしい)、
テンパって「仮面舞踏会」を熱唱し、場内を微妙なテンションに陥れた
Tさん。オーイェー!とかノリノリで叫んでましたが、場内は揺れて魔性の
リズム。とは必ずしも言えなかった。

同じく、練習せず曲をろくに聞きもせずに、「桜坂」を歌ったH君。
曲自体が結婚式にあまりふさわしくないのはもちろん、明らかにうろ覚え
と分かる歌い方。まるで夜もヒッパレ!でeverybody goesを歌ったときの
清水アキラのような益荒男ぶり。場内は愛と知っていたのに。春はやって
くるのに。とはかけ離れた雰囲気だった。

うん。
この二人のことを思えば、なんかやれそうな気がしてきました。
きっとなんとかなる。

あと。思い出したのが。

新婦の親戚か誰かだったと思いますが、「こんにちわ赤ちゃん」をほろ酔い
気分で振り付きで、かなりグルーヴィーに歌っておられたんですが。

新郎新婦、なんとなく微妙な表情だったんです。

…さて、何故でしょう?
カテゴリ:SONGS | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 23:16 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ad-jr.jugem.jp/trackback/1199
トラックバック