<< シャムスカ・クライトン・ガーナの人。 | main | たまには。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
あゝ監督。

年に何度か、猛烈に読書したくなる周期が襲ってきます。

たまたま手に取った、楽天・野村監督の「あゝ監督」という
本が面白かったですね。

スポーツの監督って言うのは、一番労多くして益少ないと
言うか、もうそれこそ負ければボロカスっていう地位ですよね。

極端な話、おめーらチーム事情とか選手のコンディションとか
分かってんのかよ?!テレビゲームとは違うんだぞ!目の前に
パラメータが出てて、疲労してたらゲージが赤になるとか、調子が
悪かったら顔が青くなるとか、そんな世界じゃねえんだぞこら!
分かってて「明らかに采配ミス」とかいってんのか?!

とか、たまにはわめき散らしたくもなるのではないでしょうか。
オレは無理ですね。文句言われたらすぐに切れて放り出しそうです
けれども。

阪神という特異なチームを率いる辛さとか、メディアとの付き合い
方だとか、あとファンとの関係だとか。

そういう部分で、ああ想像通り監督って大変なんだなあ。
野村監督のように、成功した人でもそうなんだな。
そんな気にさせられます。

「選手もメディアもファンも、味方にも敵にもなり得る」
みたいなフレーズがあるんですが。
なるほどなあと。

決断を一人でしなければいけないところとか、責任が全て自分に
帰するところとか、配下の人たちや他者からもうそれこそいわれの
ないような非難を浴びたりするところとか、監督と経営者って共通
する部分があると思うんです。

そういう意味で言えば、監督業も「孤独」なのではないかな。
経営者も、凄く孤独だな。この孤独に耐えなければいけないな。
と思うところがあるんですがね。結局、他人に相談しても気休め
程度にしかならないわけで、自分の責任において、自分で判断
しなければならないと言う部分で、非常に孤独だと思います。
別に友達がいないとか、そういう意味ではないんですけども。

ついでに言えば、「プロ」と言う言葉がある意味軽く使われてる気が
凄くしますね。本とは関係ないですけど。

「お前プロだろう?」とか、「プロなんだから結果出せ」みたいなことは
実業界においても、スポーツ界においても良く使われるフレーズだと
思うんですけど。

世の中で、自信を持って「私はプロです」と言える人がどれほどいる
だろうか。

そんなに多くないと思うんですよね、自分も含めて(残念ながら)。
「プロだから結果出して当然」とか言われますが、そういう意味では
プロは多くないと思う。
上司のせいだったり社会のせいにして結果を出せないのでは、スポーツ
選手にプロフェッショナルを声高に求めることは恥ずかしいのではないか。
そんな気がするんですよね。

えーと、何の話だっけ。
ビジネス書でなくても、ビジネスのことを考えるには役に立つってことかな。
多分違いますね。

カテゴリ:本のお話 | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 15:36 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ad-jr.jugem.jp/trackback/1075
トラックバック