<< 久々の勝利!&サッカー批評。 | main | 全九州選手権とU−18アジアユース。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
チケット・トゥ・パラダイス。

土曜日、あいも変わらず大絶賛仕事中だったんですが。

うだるような暑さの中、遠ざかる記憶の中でラジオを聴いて
ますと、昔ロッソ熊本の胸スポンサーだった百貨店から
生中継される番組があっていました。

「本日のお客様は…」

なにぃっ?!
中西圭三だとぅ?!!!!!!

僕らの世代といいますか、アラサーだかアラフォーだか
厳密なことは分かりませんが、中西圭三と言えば忘れられぬ
歌手なはず。

ついでに言えば、横山輝一とこの人の曲を聞くと、なんか大学
時代のリアルに痛い思い出が蘇ります。非常に大きい存在で
ある。

それがなんだ。
サテライトスタジオに?!

三時から無料ライブ????

これはなんとかせないかん。どげんかせんならん。
そう思って、慌てて街方面の営業を探したのですが、無い。
というか、納期が迫った仕事を手がけておりまして、今抜け
ようものなら。と思うと、社長こと親に持ち出せない。

まあ実は、前日に「三沢光晴の密葬に行きたい」と思い立って
居ても経っても居られず、最後に「みっさっわー!」と叫んでくる
べきではないのか?と思いつめた。

葬儀のあとに三沢選手の肉体はこの世からなくなってしまう。
姿は見られなくても、お別れを言いに行くべきなのではないか。
そうだ。そうに違いない。仕事が何だというのか!

とすっごい義務感に包まれまして、

「お休みを頂いて東京に行って来たいのですが」

と父に小声で持ちかけましたところ、もう流行の阿修羅みたいな、
というか阿修羅・原みたいなこの世のものとは思えない形相に。

三十年以上見て来てこんな顔みたことない。という表情が現れて
しまって、リアルに怒鳴りつけられたというような仕事の詰まり具合
なので、流石に断念せざるを得ませんでした。
ここで「鶴屋に行って来たいのですが」とか言ってしまったら、ホントに
鶴屋のあとはハローワークに行かざるをえないような状況だった。

ああ。行きたかったなあ。
これ読んでおられる方、どなたか中西圭三イン鶴屋ご覧になりました
でしょうか?

青い影。
この曲が一番好きかな。

カテゴリ:僕の90’s | 21:33 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 21:33 | - | - | - | - |
コメント
お久しぶりーふです(^o^)/
今職場が変わってその百貨店さんにお世話になってるんですよ〜
で、中西圭三の声を聞きつつ仕事をしてたんですが、同じ職場の若いもんは中西圭三を知らんのですわ(´□`|||)!!
悲しくてねぇ…やりきれなかったッス(ノд`)トホホ
平成生まれなんか嫌いだーッ!(ノ_・、)
| ウリ坊 | 2009/06/22 11:04 PM |
ちょうど、鶴屋に行っておりました。

人が多くて、時間もなくって、
それでも、歌声を聴くことはできました。
あたしも、けっこう好きだったんですよ。

あのエスカレーターは、便利です。
| koshiankame | 2009/06/22 11:46 PM |
ウリ坊さん。
ぶりーふです(最敬礼)。

おお、あの百貨店でお仕事されてるんですねー!
いいなあ、歌声だけでも聴きたかったな。

平成生まれに中西圭三は難しいんですかね?
ジェネレーションギャップですねえ。

七つ下の義弟に、渡辺美里を「懐メロ」と言われたときも衝撃
でしたが…

かめさん。
いいですねえ。うらやましい…
歌声だけでも全然違うと思いますね。人多かったんだ。
僕らぐらいの年代が多かったんじゃないかな。

エレベーター。
「非情階段」って曲もありましたが^^
| たのさん | 2009/06/23 9:11 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ad-jr.jugem.jp/trackback/1055
トラックバック