<< 三沢光晴。 | main | 果てのない道。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
三沢光晴選手(乱文乱筆)。

昨日はそんなに落ち込んでなかった。
まだ真実だと信じられなかったのかもしれない。

今朝から、ちょっとした拍子に涙が出そうになる。
辛くてたまらない。

プロレスと言うのは、ファンを選ぶジャンルであり、また不当に
抑圧されているジャンルだと思う。

僕が嬉々としてプロレスの話をすると、やれあんなのヤオじゃ
ねえかとか、やらせじゃねえかとか言われる。

よくあんな台本があるもん見れるななんて言うヤツもいる。

余計なお世話だ。

お前は小説読んでも「こんなんフィクションだから」と言うのか。
ドラマ見ても「これ、台本があるんだよ」とかいってんのか?

余計なお世話だ。

プロレスはスポーツじゃない。
プロレスはプロレスだ。

誤解を恐れず言えば、体を極限まで酷使するエンタテインメントだ。

ファンも世間からこんな扱いで、一杯悔しい思いをしている。
選手なんか、もっとだと思う。

毎日鍛えて、体を痛めつけても。
世間からの評価は、そんなに変わっていかない。

いじめなんかがあると「プロレスごっこで怪我」とか、簡単に
見出しになる。空手ごっことか、柔道ごっこなんて言われない。

プロレスは、相手の技術への信頼がないと技なんてかけられない。
いじめとは別の問題なのに。

ある種の色眼鏡で見られることを強いられる世界なんだと思う。

そんな中で、プロレスが好きで戦う選手たちが僕は好きだ。
金銭的にもそう報われない中、己を痛めつける選手たちが好きだ。

そんななかで戦い続けた男。
「受けの天才」三沢光晴が逝った。

蝶野や武藤のように、しがらみのない世代と。
今からもっともっとプロレス界を変えて行く人だったはずなんだ。

バックドロップの角度を、相手の技術によって変えると言われた
ジャンボ鶴田が、もっとも危険な角度で落としたのが三沢だと言う。

斉藤も、三沢なら受けきると思って投げたんだと思う。

疲れが蓄積していたのかな…

社長業を負った時点で、トップフォームの三沢はもう事実上見ることが
叶わなかったのかもしれない。

それでも。
衰えたとしても、体がしぼんだとしても。

三沢には生きてて欲しかった。

死ぬほどハードなプロレスを繰り広げた男だったけど。
死んではいけない。辛い。

何も他に考えられない。

僕の青春時代は、四天王と闘魂三銃士だった。
そのうち、もう二人も逝ってるなんて…

早すぎる。
でも、これでようやくゆっくり休めるのでしょうか…

ありがとう、三沢選手。
安らかにお眠り下さい。


カテゴリ:- | 15:47 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 15:47 | - | - | - | - |
コメント
こんにちは。
同じく1日経過してからズシンと来ました。
スパルタンX聴きながら泣いてしまいました。

プロレスはプロレス。
まったく同じ事を言ってた熱烈ファンの友人が居ましたよ。

三沢の存在は、現状のプロレス界にとってはおそらく誰よりも必要だったはず。
NOAHだけではなく、日本プロレス界にとっての大損失ですよね。

三沢の死が、ある意味きっかけとなった。
そう後世で言われるような隆盛を期待したいです。



| show | 2009/06/15 8:13 PM |
昨日居てもたってもいられずに博多スターレーンに行った友達から
メールを逐次受けてたんですが、たまらず泣きました。

泣きながら欠場挨拶をする秋山、号泣しながら入場した彰俊。
全試合終了後に流れる「スパルタンX」、満場の「三沢」コール。

技量だけなら小橋や田上もひけをとらないのでしょうが、カリスマ
性とか政治力とか、そういう点でも稀有だったと思います。
武藤、蝶野にもそういうものを感じていて、その三人が同時に
居るってのはすごいことだったと思うんですよ。
ホントに惜しい。仰るとおり、大損失だと思います。

合同で追悼興行も打てるだろうし、この際なら川田も呼べる
はす。
悲しい事件ですが、何か契機にしてもう一度隆盛につなげて
欲しいと思います。
| たのさん | 2009/06/15 8:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ad-jr.jugem.jp/trackback/1048
トラックバック
noa プロレス
初めてプロレスを見に行きたい 初めてプロレスを見に行きたい小学生の息子がプロレス好きで一度、身に連れて行ってあげたいと思っています。有名な人や、大きな興行でなくてもいいので、なるべく近くて値段も2,3千円で見られるところはないでしょうか。まずは雰囲気だ
| うきうき | 2009/06/15 6:00 PM |